PFC療法

    3D HIFU

PFC療法はこんなお悩みにおすすめ

  • 目の周り、口元のしわが気になる
  • 目のクマやたるみが気になる
  • ほうれい線や肌のたるみが気になる
  • 額のしわが気になる
  • ニキビ跡の凸凹が気になる
  • ハリ・ツヤがなくなってきた

PFC療法について

血小板由来の成分PRPをさらに高濃度に凝縮させるので、PFCは細胞を若返らせる成長因子が豊富に含まれています。毛細血管の老化をケアし、細胞の治癒効果を促進することで、皮膚の再生力を活性化。さまざまな加齢症状に対応できるのがメリットです。ご自身の血液から加工するので、防腐剤や添加物が一切含まれていません。アレルギーや副作用などが心配な方もご安心ください。

PFC療法の特徴

自身のPRPを高濃度に凝縮、活性化

同量の血液と比較すると、PFCはPRPに比べると、抽出される血小板由来成長因子が2倍以上あります。
※文献(Araki J, et al.Tissue Eng Part C Methods 2012; 18(3):176-185.)

自己血液由来でアレルギーリスク低減

PFCはご自身の血液から加工されるので、余分な添加物や防腐剤が添加されません。無菌検査も行うことで、アレルギー症状や異物反応のリスクを最小限に抑えられます。

肌活性による組織再生

PFCは肌細胞を活性化させるため、加齢に伴うさまざまな肌トラブルに対して根本的な改善アプローチが可能です。

治療の流れ

  1. 01 カウンセリング

    お電話にてご予約下さい。
    当日のカウンセリングにて丁寧に治療のご提案をします。ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

  2. 02 採血

    カウンセリング後に採血を行い、国内のCPC(厚労省特定細胞加工物製造の届出済施設)にてPFCを抽出・濃縮加工。 おおよそ3週間後にクリニックへ届けられます。

  3. 03 施術(採血より3週間後)

    医療機器を使用し、気になる部位に注入します。

  4. 04 アフターケア

    施術後4時間は、洗顔や市販の日焼け止め等の使用は避けて頂きます。専用の日焼け止めをご用意しております。

施術概要

治療時間 30分程度となります
治療期間・回数 1ヶ月に1回を目安に計3回の施術を推奨しております
ダウンタイム 施術部位に赤みや腫れ、ほてり、腫れなどがありますが、翌日には落ち着きます
針跡は、2日~1週間程度続く可能性があります
痛み 個人差はありますが、チクチクとする程度の痛みに感じられる方がほとんどです
痛みは少ないですが、ご希望により表面麻酔(別途料金)が可能です
当日の入浴 施術後最低4時間は洗顔を避けていただきます
当日、入浴は行えますが、物理的刺激を与えないように注意してください

注意事項・デメリット

デメリット

  • 治療部位に感染性の皮膚疾患がある方。
  • 内出血や腫れを生じる場合があります。
  • 妊娠・授乳中の方、血液凝固障害のある方、重篤な疾患(心臓や腎臓など)のある方は治療を受けられません。
  • 感染症予防のための内服をお願いいたします。(別途料金)

医薬品に関する注意事項について

  • PFCの保存可能期間は6カ月間となっています。
  • 血液検査時に感染症が見つかった場合、PFC治療は行えません。
    ※PFC治療は外部に委託しているため、採血代金は返還することができません。ご了承ください。