PRX-T33

PRX-T33とは、イタリアのDr.Rossana Castellanaは10年の臨床研究を経て高濃度トリクロロ酢酸(TCA)と低濃度過酸化水素(H2O2)を配合することにより、フロスティング作用(皮膚の剥離作用)を起こすことなく真皮深層に働きかけ、コラーゲンの生成を強力に促進する全く新しいコンセプトのピーリング剤(PRX-T33 通称:マッサージピール)を開発しました。(国際特許取得)
これまでの標準的なトリクロロ酢酸(TCA)によるピーリングでは、表皮の剥離とその後の上皮再形成が起こりますが、では低濃度の過酸化水素との反応により表皮の剥離が起こりません。これにより、高濃度トリクロロ酢酸TCA(33%)は真皮深層まで浸透し、線維芽細胞増殖因子を活性化させます。この作用によって、施術後、数か月間に亘って真皮で新しいコラーゲンが生成されます。

PRX-T33の成分と作用

低濃度過酸化水素
  • TCAのピーリング(剥離)作用から表皮を保護(真皮レベル)
  • 刺激を繰り返し生じさせ作用効果を高める
高濃度トリクロロ酢酸(トリクロロ酢酸(TCA)33%)
  • 真皮を刺激し、角化細胞の増殖因子を活性化
  • コラーゲンの生成を促進
コウジ酸5%
  • キレート作用があり、炎症後色素過剰(PIH)を防ぐ
  • チロシナーゼ阻害作用により、メラニンの沈着を抑える

PRX-T33の効果

2~3週間に1回の施術を繰り返して行う事で、真皮層で新しいコラーゲンを作りだし、お肌の質感を改善していきます。従来のTCAはケミカルピーリングの中でも、より肌の深部に作用し強い炎症反応や痛みを生じたため、お顔全体に使用する事は難しいと言われていました。

PRX-T33は、TCAを低濃度の過酸化水素と特別な組成で混合する事で、お肌の炎症を最小限に抑え、なおかつ従来のコラーゲンを作り出す成能力はそのまま保つことを可能にした、処方となっています。
また併せてコウジ酸を5%配合する事で、施術を重ねる毎に美白効果も得る事が出来ます。

効果的な症状

  • 光老化
    (顔・体・手・胸・の皮膚の再活性化)
  • 肝斑
  • 陥没した萎縮性瘢痕
  • 血行不良
  • メラニン沈着
  • たるみのある肌・妊娠線
  • シワ
  • 乾燥

施術の流れ

  • 1.メイクをしっかり落としていただきます。
  • 2.PRX-T33を皮膚に塗布し、マッサージをしながら揉みこみ、溶液を浸透させます。
  • 3.マッサージが終了したら水でしっかり洗い流し、「WiQo保湿ナリシングクリーム」を塗布します。
  • 4.その後はお化粧をしてお帰りいただけます。

ご自宅でのアフターケア

WiQoフェイスフルイド」美容液は、グリコール酸が配合されており、PRX-T33の施術効果を高めるために施術日の次の日から、1日1回ご使用いただきます。
夜、綺麗なお肌に最初に塗布し、最低30分何もつけずに過ごしてください。

その後は「WiQo保湿ナリシングクリーム」を塗布、もしくはご自身のいつものケアを行ってください。
特に美容液を洗い流す必要はありません。数回繰り返してPRX-T33の施術を行う事で、ご自身の肌がだんだんと変わっていくのが実感していただけます。

Q&A

どんな方がこの施術に向いていますか?

年代別に、例えばこんなお悩みにお勧めです。
【~20代】
傷跡・ニキビ跡、皮膚のクレンジング、妊娠線・肉割れ

【30~40代】
軽度のたるみ、加齢や光老化による肌の衰え・小じわ、傷跡、妊娠線

【50代~】
お顔の小じわ・軽度のたるみ、首や手の甲のアンチエイジング、お肌の若返り

どのくらいの頻度が推奨されますか?
2~3週間に1回、医療機関で受けていただく施術を5回前後が推奨です。
効果を高めるために、ご自宅でもクリームと美容液をご使用いただく事が望ましいです。
痛みやダウンタイムはありますか?
ほとんどの方はダウンタイムが無く、普段のメイクをしてお帰りいただく事ができます。
まれに施術中ピーリング特有のヒリヒリ感を感じる事があります。
オイリー肌の方やもともとの肌が薄い方は、当日赤みが若干残る場合があります。
肌のターンオーバーが促されますので、施術数日後に薄い皮むけが起きる場合があります。
ページトップ