ハイフ(HIFU) -切らない、超音波たるみ治療装置-

ウルトラフォーマーⅢ

ウルトラフォーマーⅢは、HIFU療法(高密度焦点式超音波療法)を使用し目的箇所の肌内部の目的の深さだけに照射します。超音波を決まった深さに熱エネルギーを集中して照射し、たるみ治療(リフトアップ、タイトニング)小顔効果、肌質の改善、部分痩身の効果があります。

HIFUについて

HIFUはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、通称“ハイフ”と呼ばれています。

超音波を1点に集め照射する方法で、身体の1点にのみ超音波を集中させるので、他のお肌などに影響を与えずに一定部分の脂肪やセルライトをやわらかくして、痩身効果を促進します。

医療分野では、主に前立腺ガンの治療法として用いられている方法で、身体に傷をつけずガン細胞だけにダメージを与える方法として用いられます。

肌の下の脂肪を溶かして減らす

超音波をレンズに通し、皮膚の下へと集中させ、肌の下にある脂肪を破壊し、脂肪を構成する細胞そのものを減らしていきます。

一点にスポット照射された部分は、加熱され脂肪が溶け、ぽっかりと穴が開いたようになります。

超音波を照射した数が多ければ、その分溶ける脂肪の数も多くなり、皮下脂肪が減っていくという仕組みになります。

数週間かけて脂肪が体外へ排出される

超音波によって溶かされた脂肪は、マクロファージ(白血球の1種。死んだ細胞やその破片を対外に出す役割を持つ)によって徐々に身体の外へと流れて行きます。

溶かされた脂肪が完全に身体の外に出るまで、約4~12週間かかると言われますが、その間もボディラインどんどん引き締まっていく事を実感頂けると思います。

また特徴としてリバウンドがほとんどありません。

理由としては、脂肪をしぼませたり、動かすだけので施術とは違い、脂肪を構成する細胞そのものを破壊するからです。

副作用やダウンタイムがない

超音波の熱によるダメージがほとんど無いため、肌への痛みや熱、火傷が生じる危険はほとんどありません。

身体の機能として自然に脂肪が外へと排出されるので、副作用の可能性も限りなく低いです。

上記のように、ハイフは身体の自然な機能によって痩身効果を得られる、危険性の少ない施術と言えます。

HIFU(ハイフ)療法:高密度焦点式超音波療法

HIFU療法

皮膚表面や他の組織に傷を付けず、レーザーやラジオ波より内部の組織へ到達。

トランスデューサーから高エネルギーの超音波を発生させ、体内の一点に集める。

その点に集束された部分だけが高温になり、65~75°凝固ゾーンが形成。

他の組織にはダメージが無い。

ウルトラフォーマーⅢでは

お顔の治療
フェイスリフトアップ、肌質改善
(HIFUシャワー)
①タイトニング効果、小顔効果、フェイスラインの引き締め
②目元周辺、額等の小じわ、ネックラインの解消
③肌質改善(肌のはり、毛穴の縮小、等)の効果(ハイフシャワー)
部分痩身
ボディー、あご下等の
気になる部位の痩身
気になる部分の脂肪、セルライトを溶かし、部分痩身を行うことが可能です。

ウルトラフォーマーのトリートメント

特徴 正確&シンプルトリートメント時間:顔と首まで15~20分 ボディ40~60分

ハイフ施術例

ビフォー

Before

アフター

After

ハイフの料金お試しキャンペーン実施中!

お試し 1回 3回10%OFF/回
顔(目周り・あご下含む) 46,110円 69,910円 184,070円
27,590円 41,850円 110,190円
顔+首 70,190円 106,390円 280,190円
ページトップ