赤ら顔

赤ら顔とは(毛細血管拡張症)一般的には、末梢血管の循環うっ血で生じることが多く、緊張した時、興奮した時、温度が上がった時などに頬の赤みが強調されます。
その要因として、寒冷地、特に寒風のある地方で生まれ育った場合、また、内分泌ホルモン系機能障害や便秘、胃腸障害によるのぼせの状態が継続した場合などがあります。
その他、ステロイド外用剤、放射線照射により皮膚が萎縮した場合にも発生します。

頬の赤みを透明感のある色白の肌に

頬の赤みは、お化粧でカバーしても気になるものです。透明感のある色白の肌を手に入れることができるフォトフェイシャルで、肌の赤みを解消することができます。
マイルドな光による治療ですので、治療後、すぐにお化粧ができます。
フォトフェイシャルは1回~数回の治療で効果を実感できます。
赤ら顔にも種類があり、ケミカルピーリングやビタミンC導入で解消される肌状態もありますので、専門のドクターにご相談下さい。

おすすめ治療

ページトップ