肝斑・入れ墨・そばかす

通常のレーザー治療では、治療が困難な肝斑・刺青・そばかすでお悩みの方は、スペクトラやプラチナフォトなどの治療で消すことが可能です。

しみ・そばかすの原因

  • 1紫外線の影響

  • 2過酸化脂質

  • 3不規則な生活

  • 4ホルモンの乱れ

肝斑について

肝斑は、妊娠やピルの服用との関係が指摘されることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれています。肝斑が発生しやすいのは30~40歳代の女性で、症状が見られるのはだいたい50歳代後半まで。その後、閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向にあるといわれています。また、高齢者ではほとんど肝斑は発症しないのです。カラダの中にその原因があるシミが、肝斑なのです。

Before

After

入れ墨について

入れ墨は、入れるより消す方が痛いとかいいますが、当院ではスペクトラを使用して消します。スペクトラは、世界一短い照射時間とトップハットビームという技術によるキレの良い痛みのないレーザー技術です。
スペクトラの詳細はこちら

Before

After

おすすめ治療

ページトップ