注目の再生医療 「多血小板血漿(PRP)」療法とは?

当院では、近年多くのプロスポーツ選手が受けていることで話題のPRP療法を行っております。PRP療法とは、血液に含まれている「血小板」を高濃度に濃縮し、患部に注入することで体内のダメージを受けている箇所の再生を目指すことを目的としています。
膝を擦りむいたり、指を切ったりした際、時間が経過すると血が固まり「かさぶた」となって、いつの間にか治っていたという経験はありませんか。その傷をふさぐ役割をしてくれるのが血小板です。さらに、打撲などで内出血を起こした際には、身体が傷ついたことを知らせる「サイトカイン」を白血球から出す指令を送ります。そうすることでダメージを負った部位に、他の細胞たちが集まり修復作業を行われるのです。この血小板の自己治癒力に注目したPRP療法は、自分の血液を利用するため、副作用がほとんどなく、整形外科、形成外科、歯科、美容皮膚科などで注目されています。

最新機器の骨塩定量測定装置の検査について

  • ひざの痛みに慢性的にお悩みの方
  • 肉離れや骨折などを短期間で治したい方
  • 現在行っている治療法の効果を実感出来ない方
  • メスを使わずに効果の高い治療を受けたい方
  • アレルギーなどの副作用を気にせず治療を受けたい方
  • 長期間にわたって効果の持続する治療をご希望の方

対応する症例について

PRP療法は、主に美容分野と整形外科の分野で治療に用いられています。特に、テニス・野球・陸上・バスケットボールなどで活躍するプロスポーツ選手の多くがPRP療法を選択しています。その理由として、肉離れや骨折などの急性のスポーツ外傷を早期に治癒させたり、なかなか痛みの引かない肩や腰の慢性的なスポーツ障害にもアプローチできたりするためです。また、スポーツ関連の疾患だけではなく、変形性膝関節症などの慢性化した痛みにお悩みの方にも効果的な治療法です。重篤な副作用もほとんどなく、身体の本来持っている自然治癒力を回復させる効果が期待できるので、多くの患者さんに好評をいただいております。

肉離れや骨折などのスポーツ外傷

肉離れ(筋不全断裂)や骨折などの突発的に起こるスポーツ外傷。これら急性期の症状は今までの治療でも対応出来るため、時間が経過すれば治ることがほとんどです。しかし、PRP療法を行うことで早期に復帰できる可能性が高まることから、多くのテニス、陸上、バスケットボール、サッカー選手が治療を受けています。

ゴルフ肘などのスポーツ障害・慢性疾患

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)、足底腱膜炎、アキレス腱障害(アキレス腱炎・腱周囲炎)などにもPRP療法は対応しています。これらの症状は、同じ箇所を繰り返し動かすことで、症状が慢性化しているケースもあります。PRP療法を試みることで、本来の自然治癒力を回復させ症状の完治を目指します。

変形性膝関節症の症状緩和・進行抑制

PRP療法は関節炎の痛みを緩和することも目指せます。特に膝半月板損傷や加齢・生活習慣による変形性膝関節症に関して、軟骨がすり減ったり、半月板が傷んだりといった症状の進行抑制、痛みを緩和することが可能です。

美容分野にも効果を発揮するPRP療法

PRPの成分の中には、皮膚や損傷した組織の再生効果が期待できる成長因子が含まれています。しみやシワ、傷口の治癒など根本的な部分から細胞再生を目指せて、健康な肌を取り戻したいとご希望の方に好評です。施術間隔は、約3週間ごとに3~5回の施術(患者さんの状態によって異なります)特にシミやシワの治療に関してはヒアルロン酸に比べて効果が長持ちすると言われています。最新の再生療法と聞いて大掛かりな治療をイメージされる方もいますが、1回の治療時間は全部で約45分~1時間と非常にスピーディー。施術後のダウンタイムも短く、日常生活に支障が出ません。他の人に治療をしたと気づかれるリスクが最小限で済むメリットがあります。

PRP療法の3つの特徴!

  • 特徴1 効果が長時間持続

    血小板を利用して、自分自身の組織を修復する治療なので、長期間にわたって治療効果が認められます。

  • 特徴2 メスを使いません

    採血と注射だけで治療が終わるのでメスを使いません。傷痕が目立つことないので、治療をしたと気づかれるリスクがありません。

  • 特徴3 安全性が高い治療です

    アレルギーなどの副作用の心配がありません。また、身体への負担も少ないことから高齢者や糖尿病患者の方も治療の適応対象です。

PRP療法の仕組み(流れ)

  1. step1 カウンセリング

    患者さんのお悩みをお伺いし、PRP療法の適応対象かどうかをしっかり判断いたします。

  2. step2 採血

    治療に必要な血液を「約30ml」とります(治療部位によって異なります)

  3. step3 分離

    患者さんの血液を遠心分離機にかけ、治療に必要な濃縮した血小板を取り出します(患者さんの血液の状態によっては、PRPが分離できない場合があるので複数回採血→分離を繰り返します)

  4. step4 投与

    腱や筋肉の周りなど痛みのある箇所へ直接注入します。

  5. step5 治療終了・アフターケアの説明

    PRPの投与回数は患者さんによって異なります。毎回の投与ごとに注意点・アフターケアをお伝えします。

費用と回数

治療費用 自費診療(30,000円~)
治療時間 PRP療法の施術時間は約1時間ほどとなります。
治療間隔 2~3週間ごとに3~6回
投与量(一例) 膝 /肩:3~4㏄(2 本分)
手首 /足首 /肘:1.5 ~2㏄(1 本分)
脊椎:損傷具合により異なります

PRP療法のデメリットは?

PRPを吸収しにくい箇所に注入すると、十分な効果が発揮できません。 そのため、施術する側の力量によって効果に個人差が生まれてしまいます。また、PRP療法は日本では、まだ未承認の治療となるので自費診療となってしまうのがデメリットと言えるかもしれません。ただ、治療法の有効性や安全性に関しては、FDA(米食品医薬品局)にも認可を受けているので、安心して治療を受けられることと思います。

PRP療法は洗足整形外科にお任せください

PRP療法は治療する側の力量によって効果が異なることから、まだまだ実施しているクリニックは少ないのが現状です。しかし、肩、腰や膝の慢性的な痛みを自然に改善できるなどPRP療法は患者さんにとって大きなメリットでもあります。だからこそ重要なのは、患者さんの症状がPRP療法によって改善するのかどうかをしっかりチェックすることです。当院では、お一人お一人の患者さんのお悩みを伺い、PRP療法が適さない場合はしっかりとお伝えします。もちろん、PRP療法が適さない場合でも、他の治療の選択肢を検討した上で最適なものをご提案することを心がけています。患者さんを困らせたまま帰らせることは絶対にしません。是非、お悩みがあれば当院までお越しください。

よくある質問

デメリットはありますか?
保険適用ではないので自費治療となること。患者さんの年齢や体調などによって効果が出にくいことなどがあります。
安全な治療法ですか?
ご自身の血液を用いるので、アレルギーなどもなく高い安全性を誇ります。注入治療により痛み、赤み、腫れなどの副作用が出ることがありますが、重䔍な副作用は報告されていません。
治療後の制限はありますか?
当日は激しい運動や飲酒、治療部位へ強い刺激が加わるようなこと(エステやマッサージなど)はお控えください。
効果はどれぐらいで現れますか?
PRP療法は人によって効果の出方が異なります。1週間前後で効果が出る方もいれば、6か月かかる方もいらっしゃいます。ただ、徐々に組織が回復するので、長期間にわたり効果が認められています。
痛みはありますか?
細い針を使用し、麻酔も併用するためほとんど痛みはありません。
ページトップ